エイジングケアを意識した肌ケアを

妊娠中、出産後は、肌の状態が変わってくることが多いと思います。お肌の曲がり角という言葉もあるほどです。

 

 

20代の肌荒れの特徴と30代の肌荒れの特徴は異なります。20代の頃は皮脂分泌がさかんでニキビに悩まされることが特徴のひとつですが、30代に入ると皮脂分泌も落ち着き、20代の頃に比べると肌が弱くなってきます。しかしそうは言ってもまだシミも見られず、ハリを感じるケースがほとんどでしょう。

 

 

ですがその油断が大敵です。実は目に見えないシミの予備軍ができてくるのは正に30代なのです。ですから30代のスキンケアがその後の肌状態を左右すると言っても過言ではありません。この先を見据え、30代はスキンケアに力を入れていくべき年齢なのです。

 

 

ちなみに上手く皮脂分泌が落ち着けば良いのですが、人によっては皮脂が減少しすぎてしまって乾燥肌になってしまったりすることもあります。紫外線による影響も出てくる頃なので、30代に入ったら今までのスキンケアを徹底的に見直すのが吉ですね。

 

 

特に乾燥ぎみだと感じる場合は、保湿に力を入れて肌質の改善に努めるのが良いでしょう。

関連ページ

肌荒れ対策
産後の不安定な肌質に良いスキンケアなど。産後の肌荒れ対策について。
気を付けるべき化粧品や成分
産後の不安定な肌質に良いスキンケアなど。気を付けるべき化粧品や成分について。